賃貸

賃貸する時にもコツがあります

お部屋選びには色んなコツがあるのをご存じですか?急な転勤や単身赴任、進学の際の独立、趣味のためのセカンドハウスなど、賃貸をする人のシチュエーションは様々です。賃貸する人によってマンションにするかアパートにするか、シングルの人かファミリーで借りるかも違ってきます。賃貸に関する様々な知識を知っていると、より賢い賃貸物件にめぐり合うことができるはずです。まずは、賃貸不動産の大まかな知識を知って、これからのお引っ越しや物件探しにお役立てください。

不動産会社について

不動産会社って、以前に比べると訪ねやすくなりましたが、実際に店舗へ足を運ぶとなるとやっぱり苦手・・という人も多いようです。しかし、賃貸物件でも2、3度は内覧をする必要があるので、信頼のおける不動産会社を選びたいものです。手初めに、いくつか近所の不動産会社をのぞくのもいいでしょう。第一のチェックポイントは免許の番号です。一般の不動産会社が建物の仲介をするには免許が必要です。その会社の広告や店舗内にある「宅地建物取引業法」の免許があるかをきちんとチェックしましょう。また、地域の建業界団体に加盟しているかどうかも、その会社の信頼度をはかる目安にもなるので、見てみましょう。免許などのチェックが終わったら、周辺地域の情報量が多いか、地元に根差した会社かどうか、担当者の人間性などをチェックして、ここなら大丈夫!と感じた会社を選ぶようにしましょう。

マンションとアパートの違い

マンションとアパートの違いについてですが、このような建物には、この他にコーポやハイツなど呼び方は違っても似たような物件があります。これらの呼び方には何か法的な違いがあるのでしょうか?・・実は明確な規定は無いのです。不動産会社の広告などに分類してあるアパート、マンションに関しては広告をしているその会社によって分けられているのが実状です。ただ、一般的な分け方はあります。アパートは、木造や軽量鉄骨造で2階建て、建築費が安いことから賃料も安く、またエレベーターが無く、管理人もいないので管理が安い、という特徴があります。コーポやハイツもこれに似ていますが、コーポはコーポラティブハウスの略で共同住宅を意味し、ハイツは小高い丘の上や山の手の家という意味があります。ただ、これらの名前の付け方は、言わば大家さんの趣味と言うべきものと捉えた方がいいかもしれません。一方マンションは、 鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート造で高層の建物、建築費が高いので賃料が高く、エレベーターがあり管理人もいるので管理費が高い、ということが挙げられます。