賃貸

Home » メリットとデメリット

賃貸物件のメリット

賃貸のメリットと言えば、まずはいつでも生活の場所を変えることができる、ということではないでしょうか。賃貸であれば、住まいに飽きたり、隣人との折り合いや周辺環境の悪化、仕事の転勤、気分転換などで気軽に引越しができます。マンションを購入してローンの返済途中の場合には、他の住まいへの引っ越しは考えにくく、ローンの返済後でも、すぐに買い替えというのは不動産が上昇している世の中でないと、難しいかもしれません。また、賃貸は、収入の増や減収によっても、住まいを変えやすいということがあります。収入が何らかの原因で減った場合、住まいのグレードを下げれば良く、収入が増えたらグレードアップが容易にできます。さらに、賃貸の場合には、分譲マンションのように建物の維持費が必要ありません。月々の支払いを考えてマンションの購入を考える人も多いようですが、毎月の管理費や維持費は結構な金額になるので、敷金や礼金、仲介手数料、引越し費用など、引越しにあたって相応の出費はありますが、いつでも思い立った時に引越しができ、収入によってグレードを変えたり、維持費などが必要ない、というのは賃貸の大きなメリットと言えます。

賃貸物件のデメリット

賃貸のデメリットとしては、まず自分の資産のために月々支払いをしているわけではないので、永遠に家賃を払い続けることになります。バリバリと仕事をしているうちは負担にならなくても、退職後は収入が減っても家賃は変わらないので、生活に及ぼす家賃の影響も大きくなることが考えられます。物価の上昇によっては、賃貸物件は家賃が上昇することも考えられます。収入も共に増収になっていれば問題は無いと思われますが、物価が上昇する前に住まいを購入していたほうがお得だった、ということもあるかもしれません。そして、賃貸物件は年齢が上がるほど借りにくくなるます。近年では、1人暮らしの高齢者の方がよくニュースなどでも取り上げられますが、特に1人暮らしの方は、近所に親類縁者がいるか、保証人がきちんと収入があるかなど、審査が厳しい物件もあるようです。国や自治体も高齢者向けの賃貸住宅の整備に力を注ぎつつあるようですが、まだまだ高齢者の賃貸には難しい点があるようです。また、賃貸では、内装や間取りを変更することができません。基本的に、賃貸物件は、退去する場合に原状回復して空け渡さないといけないので、壁紙や床などを勝手に変更してはいけません。